アナーネ カベルネソービニヨン

アナーネカベルネソービニヨン チリ中南部に住むアメリカ州の先住民族に「マプチェ族」がいます。民族名の由来は、「大地・Mapu」に生きる「人々・Che」からきています。彼らが住む地域では野生のブドウが多く生息しており、ブドウは彼らの象徴となりました。Anane(アナーネ)とはマプチェ語で『収穫』を意味します。マプチェ族のブドウに懸ける想いに敬意を表し、「アナーネ」と名づけられました。カシスやジャムなどの濃密な香り、酸とタンニンのバランスが心地よいフルーティータイプの赤ワインです。チリ・マウレヴァレーで、4世代・100年以上にわたって伝えられたぶどう栽培を、レナートゲルラ親子が引き継いでいます。マウレヴァレーのなかでも高低差の激しい土地で大きな石が運ばれたっぷりのミネラルを含むワインを創り出しています。
濃厚でなめらかな果実味と酸味のカベルネソーヴィニヨン。カシスやブラックベリーなど黒い果実の味が混ざり、複雑な深い味わいとなっています。
良い所取りで抜粋引用させて頂きますと、

抜栓すぐから、カシスのフルーティーな香りが溢れだし、ほのかな酸味も感じます。口に含むと、タンニンは弱め。やんわりとした酸味があり、全体にまろやかな味わい。クセのない、飲み易さで、好みに左右されない、なめらかな味わいにも好感が持てます。

世間でもかなり出回っており、その呑み易さから、レストランでもグラス・ボトルで提供されているようで、人気の表れのようです。レストランだと、3-4倍の価格になっているようです。レストランでの使われ方からも言えますが、1000円以下級ワインで。チリワインのコストパフォーマンスの良さは秀逸です。チリ?と思わず、選択肢にいれてみては。

等のコメントも。当店で仕入れ販売している都合上、申し訳ありませんが悪い点は掲載できませんが、この価格で、このパフォーマンスは絶対に侮れません。僕も気軽に飲みたいときによく飲みますし、毎度このワインをご購入頂いているお客様も多数です。低価格のワインの中では絶対に外せない商品となっています。レストラン等の飲食店様にもグラスワインやリーズナブルなワインとしてお奨めいたします。

アナーネはラインナップとして他にも、メルロー・ソーヴィニヨンブラン・シャルドネもありますがまずは定番のカベルネソーヴィニヨンのご紹介でした。

年間約3,000本売れているヤスブン売れ筋ワインです。

 

【アナーネ カベルネソーヴィニヨン】

  • 原産国: チリ マウレー・ヴァレー
  • ぶどう品種:カベルネソーヴィニヨン
  • タイプ:辛口 ライト・ミディアム
  • 価格:598円(税込645.8円)

 

 

 

この記事の写真は、Ndidが2012年3月 3日 23:59に書いたブログ記事から拝借させて頂きました。
http://www.ndid.net/blog_wine/2012/03/2010.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA